windows10でJDKをダウンロードした際にインストールが実行されない問題が生じました。

かなり試行錯誤したのでその検証方法をまとめます。

同様にJDKをダウンロードした際にインストーラが反応しないという方は解決方法を見つける手段として、ぜひ参考にしてください。

今回はJDKのインストール失敗を前提としています。

ただしJREの同様の症状にも対応できると思います。

 

なお、インストール自体に関する基本操作はここでは省略します。

 

症状

※windows10 (64bit版)を使用

  1.  oracleからJDK8をダウンロード
  2. インストーラを入手「jdk-8u241-windows-x64.exe 」
  3. 実行するも画面が落ち、先に進めない

 

この画面の「次」をクリックするも表示されない。

このような症状に対する検証方法をまとめます。

 

 

解決方法

①ATOKからMS-IMEに変更する

 

まず、編集者が解決した方法を紹介します。

ATOKを使用したままJavaを使用すると落ちるという症状が出る場合があるようです。

Javaのインストール時のほか、操作中、アップデート時にも同様にATOKで障害が発生する可能性があります。

これは、ATOKはそもそも日本語入力システムで、英語圏(MS-IME使用圏)であるoracleのJDKインストーラが対応していないことが原因だと考えられます。

通常日本ではATOKの使用がデフォルトなので、「設定」から「既定の言語の設定を切り替える」を選択して、MS-IMEに切り替えることをおススメします。

 

②oracleアカウントを変えてみる

 

javaのインストールのためにoracleアカウントを新規作成した場合だと

アカウント登録して間もないことからダウンロードファイルに何らかの不具合や欠損がみられる場合があるようです。

このような場合には、まずダウンロードファイルの容量が正規の容量と一致しているかを確認し

oracleアカウントを変更してみるか、新規作成したアカウントでしばらく時間を置くことをおススメします。

 

③管理者として実行する

 

JDKのインストール時にはwindowsのデバイスに変更を加える可能性があります。

権限が与えられていない状態でダウンロードすると失敗することがあります。

インストール以外の操作もそうですが右クリック→「管理者として実行」を選択するようにしましょう。

 

④ライセンス・利用規約リンク先に飛ぶ

 

インストールを実行する際に、ライセンスや利用規約に関するリンクが表示されます。

必ず一度このリンクに飛んで確認してからインストールするようにしましょう。

※おそらくJDKでは実装されていませんが、利用規約を確認したことが見なされないとダウンロードができないインストーラも存在します。

 

⑤インストール先のデータ容量を確認する

 

インストール先(通常は「ローカルディスク」)のデータ容量を確認しましょう。

データ容量の残量が不足している場合、インストールが実行されないことがあります。

 

⑥他のフォルダ名に「Java」などが使用されていないか確認

 

「ローカルディスク」の他のディレクトリ名に「Java」「Javac」といったものがあると、インストーラが誤認することがあり

インストールが実行されないことがあります。

ただ、そのような他のディレクトリをむやみに消去することは賢くないので

「Javaold」などディレクトリ名を一時的に変更するようにしましょう。

 

⑦Windowsの更新、他のインストールは済んでいるか確認

 

他のインストールが実行途中だと、JDKのインストール開始時にエラーメッセージが表示されます。

他のインストールが完了しているか、Windowsの更新自体は済んでいるかを一度確認しておきましょう。

 

⑧ファイアウォールを一時的に無効にする

 

ファイアウォールのデフォルト設定が、JDKのオンラインインストールを拒否する設定になっている場合があります。

あるいはJDKのダウンロード/インストールが中断されることがあります。

一度、ファイアウォールの設定を確認し、必要であれば無効化してJDKのダウンロードを試みてください。

ウイルスバスターでも同様のケースがみられるようです。

※ただしファイアウォールを無効化することはセキュリティ上非推奨です。JDK以外のファイルをダウンロードしないことに注意してください。

 

⑨マウスではなくキーでクリックしてみる

 

これはかなり可能性が低いですが、マウス操作自体に問題が生じている可能性があります。

①~⑧までの方法でも解決しないという方のみ試してみることをおススメします。

マウスキー機能を有効化して「スペースキー」を押して実行してみましょう。

それでも解決しない場合は・・・

 

oracle社のJavaがメジャーではありますが

いつまでもインストールできない状況にあるなら他社のJavaを使用することも検討してみてはどうでしょうか。

 

▽Adoptの公開JDK

https://adoptopenjdk.net/

▽Amazon(windows版)

Amazon Corretto 8

 

ただし、インターネット上で公開されているJava関連のサイトほとんどがOracle社のJavaを使用することを前提としています。

そのため他社のJDKを用いて開発作業をすることになったとき、少し手間がかかるかもしれませんね。